尺八練習に尺八チューンズ、尺八製作に尺八調律チューナー

3D尺八

DS1000で尺八 : 2015年2月8日


東京の町工場製の3Dプリンター・DS1000でチューブを作りました。プリントできる大きさに制限がありますので一尺八寸を6個に分けて印刷しています。


6個のチューブを瞬間接着剤でくっつけてインナーチューブの出来上がりです。


このチューブを竹の中に入れて、間隙はレジンキャスト剤で充填して、手孔、歌口を作って完成です。

UPBOXで尺八 : 2015年5月17日


上記のDS1000よりちょっと大き目の3Dプリンターで、チューブ(内腔)だけでなく尺八すべてを印刷しました。
内面をサンドペーパーで磨いて、塗装すれば完成です。

8寸、6寸、23寸の3D尺八ひな形データ(123D Design)


八寸ひな形データ ダウンロード
六寸ひな形データ ダウンロード
A管ひな形データ ダウンロード
左図は8寸の設計図で、中継ぎが2箇所の三分割尺八です。6寸も同様に三分割データです。右図は23寸の4分割の尺八ひな形データです。
AUTODESK の 123D Design というフリーソフトで作っています。
このひな形データに、内径と手孔を設定するだけで、3D尺八データが出来上がります。尺八内径データさえあれば、簡単に3D尺八が出来ると思います。
その手順と印刷された尺八の仕上げ方を説明しています。

ひな形データから3D尺八データへ

肝心要なものは尺八内径データです。お持ちでなければ、ネット上から探してください。その尺八内径データから内径チューブを作ります。ついで、ひな形データからその内径チューブを引き抜き、手孔を調整すれば、3D尺八の完成です。
以下、その手順の概要です。

1)尺八内径データ通りの円盤を重ねます。


まず内径チューブを作るための円盤の集合を作ります。
円を描きます。その円をクリックしてCTRL+Cでコピーし、CTRL+Vでペーストすると、どこへ移動するか聞いてきますので、任意の高さへ移動します。その円をクリックするとメニューがでますので、edit dimention で円の直径を変更します。
この操作を繰り返して、内径データの円を重ねていきます。

2)その円をLoftして円柱を作ります。


完成した円のすべてを順に選択して(CTRL+左クリック)、ConstructのLoftで内径のチューブを作り、それを保存します。
八寸円盤集合とチューブのサンプルデータ
上記データをそのまま使っても、恐らくいい音は出ません。

3)ひな形尺八から円柱をsubtractします。


雛形データを開いて、メニューの import 3D model から尺八内径チューブをインサートします。
チューブを左クリックで選択し、CTRL+Cでコピーし、CTRL+Vでチューブを複製ペーストできます。それらを3分割尺八の内側にmoveします。
combineのsubtractで尺八からチューブ部分を引算します。

4)5孔尺八の場合は2つの補助孔の小円柱などを削除します。

7孔尺八を作る場合は、この手順は飛ばしてください。

5孔尺八にする場合は、補助孔部分をクリックして選択し、Deleteキーで削除します。
下のようになります。

5)孔位置を調整し、尺八からsubtractします。


手孔の円柱を選択し、円柱をmoveして孔の位置を調節します。Combineのsubtractで、手孔が開きます。
modifyで円柱の太さ(手孔のサイズ)も調整できます。

6)手孔の内側をmodifyで角を取ります。


modifyのfilletで、手孔の内側縁をクリックして、fillet radius を3mmなどに設定します。

手孔の内側縁が下のように滑らかになります。fillet radius の値を変えるだけでも音が変わりそうです。

7)Export as 3D STL でSTLファイルを出力します。


以上の手順で、ひな形データが内径データ通りの3D尺八データとなります。
これをSTLファイルとして出力し、3Dプリンターで印刷すると、尺八が出現します。

内面の磨きと、塗装

印刷したそのままでは、内面が荒く良い音が出ません。
サンドペーパーで磨いて、水性工芸漆を塗っています。
磨き方、塗りの厚さ次第ですが、磨きと塗りを3回ほど繰り返すとピカピカになります。
ビニールテープを巻きつけたステンレス棒に、3Mのり付きサンドペーパーを張り付けています。
塗装には、木棒にモヘアテープを張り付けた刷毛を使っています。




123D Design が重い、遅い。2016年3月16日

Autodesk 123D Design でデータを作成していますが、形が複雑になってくると、123D Designの動きが急に重く、遅くなります。数秒で終わりそうな変更に、数時間を要してしまいます。
ネットで検索すると、空っぽのデータを追加すればよいとか、123D Designを起動したあとデータを読み込めとか ・・・ 何ら好転しません。
他形式データにして書き出せば、余計な情報が削除されるのではないかと、Export as 3D -> DWG/DXF で出力してみたところ、軽~くなりました。
他のソフトに乗り換えざるを得ないと思っていましたが、一安心です。

PAGETOP
Copyright © 尺八と遊ぼ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.